身内に後見してもらうには|家族信託で問題解決しよう

  1. ホーム
  2. 相談して解決

相談して解決

オフィス

将来性がない、または債務が大きいので会社を解散するとなった場合には、清算という方法で会社を消滅させる事が出来ます。つまり廃業です。この為にはまず会社を解散させる事が必要で、その後に清算をします。会社清算手続きとは会社を取り巻く一切の法律関係を処理する為に行うもので、会社の資産を換価する、債務を弁済する、余剰資金があれば出資者に返金する事となります。会社清算は通常の任意清算と、債務超過に陥っている会社が行う特別清算の2種類があります。まず会社の解散は、特別決議で解散する場合、株主総会を3回は開く必要があります。ここで清算人の選定と解散の決議が行われ、その後に会社の財産目録を作成します。つまり会社の財産を調査し、把握をします。債権があれば回収したり、従業員がいれば退職させたりする業務を行いつつ、債権者に対して2か月以上の期間内に債権申し出の公告や通知を行います。これは会社清算にあたって指名された清算人が債権額を最終確定し、清算業務を円滑に行うには重要な業務となります。この債務に対して弁済する必要がありますので、会社が不動産などの財産を保有している場合はそれを金銭に換金する必要があります。弁済後の財産が残っている場合はそれを株主に分配し、最終的に清算人が生産終了の登記を行い、業務終了となります。会社清算には様々な法律がからみますので、弁護士のサポート、また会計士や税理士のサポートも必要です。弁護士の中には会社清算に特化した弁護士もいますので、費用も比較しながらまずは相談をする事が清算の第一歩となります。