身内に後見してもらうには|家族信託で問題解決しよう

財産管理の方法として

説明

争いを少なくするために

預貯金や不動産を所有していても自分では適切に管理しきれないことがあります。例えば入院や介護施設の入所、さらには亡くなったときなどでは自分の希望する管理方法をとりづらいです。このような非常時には民法で後見制度や相続制度が用意されており、それらに基づく管理や処分がなされます。しかし、後見制度や相続制度では必ずしも自分の意見が反映されるわけではなく、さらに周りの人に負担をかけることさえあります。よって事前に準備をして万が一の時に備えようとする人たちが増えてきています。その方法の一つとして挙げられるのが家族信託です。家族信託とは、不動産や預貯金などの資産を持つ人が信頼できる家族に管理や処分を託すことです。後見制度や相続制度とは違い事前に方法を指定することができ、後見制度や相続制度で定められた方法以外の管理や処分をすることができます。ほかにも相続では自分の相続人がなくなった場合の財産は遺言では必ずしも希望通りにはいかないことがありますが家族信託で処分方法を定めていれば、ほぼその契約に従った処分がなされます。ほかにも家族信託は破産や差し押さえがなされても、その負債が家族信託によるものでなければ影響を受けないため確実に財産を残す方法としても採用されます。家族信託をするときは何を信託財産とするか、誰に何の目的で託すのかをよく考えたうえで始めます。さらに、管理が適正になされているかを確認する監督人を付けるかなどを家族などとともに検討し、争いのおこらないように内容を決めなくてはなりません。

オフィス

相談して解決

会社清算にあたっては会社を解散させる事が必要です。会社解散には株主総会を開き決議をした後に、清算人によって清算業務が行われます。会社の財産の把握、債権者への債務支払いなどを行いますが、清算には様々な法律が関係します。弁護士や会計士などの専門家のサポートが必要です。

計算

借金の問題が解決できる

借金による悩みは、大阪の弁護士に相談することで解決できます。法律のプロである弁護士に相談することによって、それぞれの状況に応じて自己破産や民事再生、任意整理などの債務整理法を案内してくれます。

相談

愛知県の弁護士事務所

弁護士法人すずたか総合法律事務所は愛知県の名古屋市にある法律事務所です。法律のことに詳しくない人にも、わかりやすく親切に説明してくれることで評判の事務所です。支払うべき料金もわかりやすいのがこの事務所の特徴です。